BTO豆知識

カスタマイズくらいは自分でできるようにしておこう!

パソコンを自作するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。既製品に比べて安くできるというメリットが以前はありましたが、最近では既製品でもかなり安くなって来ていますのでこのコスト面でのメリットはかなり薄くなっています。

 

しかし自分仕様のパソコンが作れるという点で非常にメリットがあるのです。パソコンを仕事に使っている方や何か特殊な用途に使う方にとってはいいのです。既製品は大衆向けに作られているものが多いですので特殊なものはありません。

 

そして中古パーツなどを使って作ることもできますのでこの場合には安いコストで作ることができます。そして作る方法なのですが、これは専門的な知識が必要になります。パーツごとの適応性がわかりませんので不安がありますが、これを解消する方法があります。

 

それはキットを購入することです。元々キットになっていますとそれを組み立てるだけでいいのです。ですので初心者の方でも比較的成功しやすくなります。また、すべてのパーツの適応性はちゃんと確認されていますのでつなげられないということはないのです。またBTOパソコンというものもあり、自分で自作できない場合にかわりにカスタマイズして作ってもらうこともできます。

 

 

パソコンを使う上で、メモリはちょうど作業机の広さを指します。広ければ広いほど使いやすい=ソフトが快適に動くということになります。予算が許すなら、メモリは容量の上限までメモリ増設したいところです。

 

そのメモリの容量は、カタログを見るとちゃんと記載されています。その内容は、標準で積まれているメモリの容量と、最大どれくらいまで増設することができるかという上限の数値の2つです。

 

標準でももちろん動作はしますが、どうしてもメモリをたくさん必要とする画像処理系・動画処理系のソフトを使いたい場合は、やはり上限いっぱいまでメモリ増設するべきです。実際にパソコンのメモリ増設をする場合ですが、デスクトップの場合の作業は次の通りです。

 

まず電源コードをコンセントから抜いて、本体のケースを開けます。メモリスロットを差し込む場所がありますので、そこに適合している規格のメモリを差し込みます。あとはケースを戻して電源を入れなおすと完了です。

 

ノートパソコンの場合は、電源コードを抜いた後、さらにバッテリーも外します。その状態でメモリの設置場所を開き、必要に応じて既存のメモリを抜いて新しいメモリと差し替えます。こちらもあとは全部戻して、電源を入れて完了です。

 

唯一、注意しなければならないのが静電気でメモリが破損する場合があるので、メモリを触る前に金属に触れて静電気を飛ばす必要があることです。これさえ忘れなければ、そんなに難しいことではありません。

自作のメリットなんてない関連ページ

パソコンが重くなったり動かなくなったりしたら